×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

平成9年度滋賀県水産試験場事業報告


目次
 
庶務係
1. 沿革
2. 機構および事務分担
3. 職員の配置と氏名
4. 施設
5. 予算および主要課題
6. 刊行物
7. 学会発表について
8. 全国湖沼河川養殖研究会等
9. 水産試験場における研究会等の開催 10
10. 平成9年度研究発表会 11
 
増殖係
1. 温水性魚類沿岸帯機能の回復保全研究費 12
1) 魚類相による琵琶湖沿湖のヨシ帯の人為的環境改変の影響の評価の試み
2) ニゴロブナ種苗放流による琵琶湖沿岸のヨシ帯の評価
3) ニゴロブナの産卵・発育の場としてのキュウシュウスズメノヒエ群落の有効性
4) ニゴロブナの耳石による成長履歴解析
 
2. 資源管理推進調査事業費 20
1) 琵琶湖北湖沖合のニゴロブナ当歳魚の資源尾数について
 
3. 地域特産種量産放流技術開発事業費 22
1) セタシジミ種苗生産技術の改良
 
4. 淡水真珠株対策研究費 24
1) 西の湖における改良イケチョウガイの成育状況
2) 琵琶湖におけるイケチョウガイの生息状況
 
5. バイテク応用技術開発研究費 28
1) 高水温飼育通常発生魚の性比
2) 性分化期高温飼育極体放出阻止型雌性発生二倍体第二代雌個体からの雌性発生第三代の作出
 
6. 増養殖技術研究費 32
1) 琵琶湖産ウツセミカジカの分布と成長
 
資源係
1. 湖産アユの質的保全に関する総合調査研究費 34
1) 湖産アユの初期生態(分布を中心として)
2) 湖産アユの成育初期における餌料環境
3) 漁獲アユの特性(日齢を中心として)
 
2. イサザ等特産種資源対策研究費 40
1) イサザの産卵基体設置試験結果
2) ワカサギの資源調査の概要
3) 食性から推測したワカサギと他魚種との関係
 
3. 漁況予報調査研究費 46
1) 平成9年のアユ資源調査結果の概要
2) 1998年(平成10年)のアユ漁況の予測
 
漁場加工係
1. 漁場環境保全技術開発総合試験費 50
1) 西の湖における窒素・リンの収支と浄化要素
2) 植栽後のヨシの成育状況
 
2. 漁場環境調査研究費 54
1) 平成9年度琵琶湖定期観測結果
2) アユの産卵保護水面指定河川の水質
3) フナ・モロコを対象とした保護水面指定水域湖岸の水質
4) イケチョウガイ飼育試験水域の水質
5) 赤野井湾漁場の水質、低質モニタリング調査
6) 水田の代かき時期における宇曽川河口部での濁水状況
7) 水産増東養殖環境に関する調査指導
 
3. 新魚種の利用に関する研究費 67
1) ワカサギの成分組成
2) 異なる保蔵温度におけるワカサギの鮮度低下
3) 鮒寿しの保存状態における変化
 
4. 養殖漁業振興事業費 73
1) 養殖水産動物保健対策推進事業
2) アユの冷水病、シュードモナス病の発生状況
 
5. アユの重要疾病予防対策試験費 77
1) 冷水病に対する薬剤治療試験
2) 茶ポリフェノール類の冷水病菌やシュードモナス病菌等の魚類病原菌に対する抗菌活性
3) 茶ポリフェノール類の冷水病菌に対する抗菌活性(殺菌作用の測定)
4) 茶ポリフェノール類のシュードモナス病菌に対する抗菌活性(殺菌作用の測定)
5) 茶ポリフェノール類によるシュードモナス病経口感染予防試験
6) アユのシュードモナス病に対する経口感染予防試験
7) 生菌によるシュードモナス病に対する経口感染予防試験
8) アユのシュードモナス病に対するワクチンの予防効果
9) アユのシュードモナス病に対する免疫賦活剤の抗病性−1
10) アユのシュードモナス病に対する免疫賦活剤の抗病性−2
 
資料編
1. 琵琶湖定点定期観測データ(平成9年度) 97
2. コアユ資源予測調査データ(平成9年度) 124