×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

平成10年度滋賀県水産試験場事業報告


平成10年度主要事業一覧表
 
事業名 事業概要
湖産アユの質的保全に関する総合調査研究 琵琶湖産アユ苗は内水面漁業の振興上大きな役割を果たしているので、より躍動感にあふれ、野性味に富んだ種苗に仕立てる技術開発を実施する。
1. 優良種苗仕立て試験:.▲羲鑄鳥杜て試験 ▲▲羲鑄鎚流試験
2. アユの初期育成機構の解明:成長段階別分布調査 だ限環境調査
アユの重要疾病予防対策試験 アユ養殖の魚病対策として、効果的な治療予防対策技術の確立を目指す。
1.疾病発生状況調査 2.冷水病再発防止対策試験 3.シュードモナス病発病抑止対策試験
温水性魚類沿岸帯機能の回復保全研究 ニゴロブナ・ホンモロコ等の魚類の再生産の場として重要な沿岸帯は、著しく荒廃し、琵琶湖の生態系で大きな役割を担っている魚介類が大巾に減少している。そこで沿岸帯の機能を総合的に回復保全する手法の開発調査研究を進める。
1.内湖等への流入河川の環境条件調査 2.魚類の標識放流による機能評価 3.ヒエ群落の植栽技術開発 4.多種類の魚介類添加効果判定 5.標識放流等によるホンモロコ減耗要因の解明
イサザ等特産種資源対策研究 激減しているイサザやゲンゴロウブナ等琵琶湖特産種の増殖方法を検討し、一方、近年増加しているワカサギ等の特産種への影響調査を実施する。
1.イサザの再生産助長技術の確立 2.ゲンゴロウブナ等固有種の保全対策 3.ワカサギ・ヌマチチブ等の特産種への影響調査
湖産魚介類の資源管理技術研究 ニゴロブナやセタシジミ資源を効果的かつ継続的に利用していくための資源管理技術の開発を進める。
1.ニゴロブナ等の資源量推定 2.セタシジミ資源動態の把握
セタシジミ増殖技術開発 シジミ漁場の増大ならびに漁場を有効利用するための技術開発を進める。
1.漁場の環境調査と耕耘および水草除去効果の調査 2.種苗放流効果の調査 3.中間育成技術検討
淡水真珠対策研究 淡水真珠産業の回復を図るため、真珠生産に適合する優良な母貝を作出するとともに、優良形質を固定する技術を確立する。
1.優良母貝の作出技術の開発試験 2.優良形質の固定
バイオテクノロジー応用技術開発 バイオテクノロジー技術を応用し、ニゴロブナ、ホンモロコ等の全雌あるいは高成長等の優良形質を固定する技術を開発する。
1.ニゴロブナの高成長品種等の作出研究 2.ホンモロコの安定的な全雌生産技術の開発
河川・湖沼総合浄化促進事業(国庫委託) 琵琶湖および周辺水域の漁場環境の保全を図るため、河川、内湖を含む湖の浄化機能を総合的に促進する技術の開発を進める。
1.湖沼の浄化機能の評価 2.水草帯の浄化機能の活用技術の確立
新魚種の利用に関する研究 近年、増加している移入魚の有効利用や、鮒寿しの製造法の検討を行う。
1.ワカサギの利用法に関する研究 2.未利用魚の有効利用に関する研究 3.鮒寿し短期発酵法の開発