×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

平成11年度滋賀県水産試験場事業報告


2.複合的資源管理型漁業促進対策事業費 より抜粋
 
  4)北湖におけるホンモロコの資源尾数推定
 
三枝 仁・遠藤 誠・太田滋規・藤岡康弘
 
  【目的】ホンモロコは琵琶湖固有主であるとともに、漁業の重要な漁獲対象であるが、近年その漁獲量が激減している。このため平成11年度より本種を資源管理型漁業の対象種と位置付けている。そこで本年は資源管理型漁業を行う上で基本となる資源量の推定を試みた。
 
  【方法】平成11年10月にALC標識した体長約67mmのホンモロコ39,000尾を琵琶湖北湖の4水域に分けて放流した。そのうち冬期に琵琶湖北湖で行われている沖曳網漁業および刺し網による漁獲物の一部を標本として収集した。標識放流魚の確認は琵琶湖栽培漁業センターと協力して、耳石を取り出してALC標識を確認することによりおこなった。
 
  【結果】平成11年11月21日から平成12年3月28日までに収集した標本は2,918尾;平均体長約81.35±8.53mm(図1)で、それらのうち資源尾数推定用標識魚は39個体(混獲率1.34%)であった。これら再捕された種苗の採捕地点を調べると(図2)、葛篭崎、大浦、海津、今津沖、宇曽川沖、近江舞子沖、和邇沖と、ホンモロコの漁場とされる場所に広がっていることから、放流後天然に存在するホンモロコと良く混ざったのもと仮定した。そこでこの種苗の混獲率を用いてピーターセン法により秋放流時点の漁獲対象資源を推定したところ、資源尾数は約2,976,700尾となり、95%信頼区間は上限4,365,300尾、下限2,258,300尾と推定できた。今後は同様の調査を続け、資源量推定法としての妥当性を見極めるとともに、資源変動の要因を解明してゆく必要がある。
 
(図1 ホンモロコ標本の体長組成, 図2 資源尾数推定用種苗の再捕地点)へのリンク