×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

平成12年度滋賀県水産試験場事業報告


目次
 
水産試験場
1. 沿革
2. 機構および事務分担
3. 職員の配置と氏名
4. 施設
5. 予算および主要課題
6. 刊行物
7. 学会発表等
8. 全国湖沼河川養殖研究会等 10
9. 水産試験場における研究会等の開催 10
10. 平成12年度研究発表会 11
 
栽培技術担当
1. 温水性魚類の増養殖対策調査研究費 12
1) 琵琶湖沿岸帯の水生生物環境調査(H12年度)
  〜長命寺増殖場造成ヨシ帯・びわ町川筋幼稚仔保育場〜
2) 平成12年度ニゴロブナ種苗標識放流調査結果概要
3) 標識放流によるホンモロコ稚魚放流サイズの検討
4) ホンモロコの鱗による年齢査定
5) ニゴロブナおよびホンモロコの雌性発生等による育種技術の開発
 
2. 淡水真珠対策研究費 22
1) 琵琶湖湖南産イケチョウガイの遺伝的近交度の推定
2) 西の湖における水草繁茂水域の溶存酸素
3) 西の湖の貝類生息状況
 
3. 増養殖技術研究費 28
1) 水田を模した実験地におけるニゴロブナの産卵行動
2) ホンモロコにおける全雌種苗の量産の試みおよび偽雌の作出
3) ニゴロブナの口グサレ病に対する安定化二酸化塩素の効果
4) 近江町の農業用水路のシジミの生息密度と殻長組成
5) イワトコナマズの人工採卵方法について
6) イワトコナマズの人工採卵における作出卵数
7) イワトコナマズふ化仔魚の成長
8) イワトコナマズの初期人工飼料について
9) イワトコナマズの初期飼育におけるシェルターの影響
10) イワトコナマズの耳石へのALC標識について
 
4. 資源管理推進調査事業 48
1) 北湖におけるホンモロコの資源尾数推定
2) 北湖におけるニゴロブナ当歳魚の資源尾数推定
3) ニゴロブナ漁獲物調査結果
4) ニゴロブナにおける外部標識の検討
5) セタシジミ資源の概況調査
6) 琵琶湖南湖草津川沖のシジミの殻長組成
7) 琵琶湖南湖草津川沖のシジミの殻長組成解析と成長曲線の推定
8) セタシジミの付加価値向上試験
 
5. 栽培技術習得指導事業費  
1) 米原町磯地先でのセタシジミD型仔貝の放流効果の推定
2) 彦根市松原地先の琵琶湖に設置した区画内の水草調査
 
6. 固有魚資源枯渇対策事業費  
1) 琵琶湖に生息する魚類の水草に対する嗜好性
2) ワタカの水草に対する嗜好性
3) ワタカの水草摂取量
 
生物資源担当
1. 湖産アユの質的保全に関する総合調査研究費 74
1) 湖産アユの成長過程からみた漁獲アユの漁期・魚法別特徴
2) 湖産アユのふ化時期別の発育と成長
3) 稚魚ネット採集標本からみた2000年産アユのふ化組成
4) 2000年産アユの初期成長
5) アユの飼育条件が成熟促進に与える影響
6) アユの飼育条件が放流後のナワバリ形成に与える影響
7) 短期間の給餌率低下や餌止めがアユのナワバリ性に与える影響
8) ヤナ漁獲アユ池入れ時の加温処理にともなうスレ症軽減策
9) 冷水病対策を行った小型アユの輸送密度および輸送時間と歩留まり
10) 大型アユの輸送密度と輸送時間ストレスが、冷水病発症におよぼす影響
11) アユ放流前の低水温馴致効果の検討
12) アユ放流時期とその後の分散について
 
イサザ等特産種資源対策研究費 98
1) ブルーギルの分布とその食性について
2) ブルーギル資源抑制対策研究について
3. 漁況予報調査研究費 102
1) 平成12年度アユ資源調査結果概要
2) 2001年(平成13年)のアユの漁況予測
 
環境病理担当
1. アユの重要疾病予防対策試験費 106
1) 凍結病魚を用いた冷水病人為感染試験
2) 加温と薬剤を併用したアユの冷水病対策−4
3) 池入れ直後から行うアユの冷水病の加温と薬剤の併用対策
4) 冷水病対策を行った場合の魚体各部位における冷水病原因菌の動態
5) アユの冷水病に対する安定化二酸化塩素の有効性の検討−1
6) アユの冷水病に対する安定化二酸化塩素の有効性の検討−2
7) 魚病対策技術開発研究−機焚畛晴戎總膿緲瓩砲茲詢篆緝其歃菌試験)
8) 魚病対策技術開発研究−供扮水浴による冷水病菌除菌試験)
9) 魚病対策技術開発研究−掘淵▲罎領篆緝造紡个垢訖残劵錺チンの予防効果−ワクチン作製法の検討−)
10) 魚病対策技術開発研究−検淵▲罎領篆緝造紡个垢訖残劵錺チンの予防効果−高張浸漬法の検討−)
11) アユの冷水病に対する浸漬ワクチンの予防効果(複数回投与の検討)
12) アユの冷水病に対するアジュバント添加注射ワクチンの予防効果
13) アユの冷水病に対するフロルフェニコールの治療効果
14) アユのシュードモナス病に対するアジュバント添加注射ワクチンの予防効果
15) アユのシュードモナス病に対する2種混合アジュバント添加注射ワクチンの予防効果
16) アユのシュードモナス病に対するステピア、漢方生薬C−UP靴療魂淡果
 
2. 魚類防疫体制整備事業費 138
1) 魚類防疫体制整備事業
2) 冷水病菌と細菌性出血性腹水病原因菌の薬剤感受性の傾向
 
3. ブルーギルの利用に関する研究費 142
1) ブルーギルの無機質・ビタミン成分分析
2) タテボシの脂溶性分およびアミノ酸の組成
 
4. 沿岸漁場保全整備事業費 146
1) マリン・エコトピア調査関連事業におけるヨシ植栽適地調査
 
5. 漁場環境調査事業費 148
1) 平成12年度琵琶湖定点定期観測結果概要
2) アユの産卵保護水面指定河川の水質
3) フナ・モロコを対象とした保護水面指定水域湖岸の水質
4) 県内の主要な真珠養殖漁場における水質調査結果について
5) 広域増殖場などにおける殖栽ヨシの生育状況
6) 広域増殖場などにおける殖栽ヨシの生育状況
7) 水田の代かき時期における宇曽川河口部での濁水状況
8) 水産増殖環境に関する調査指導
 
水産渇水対策事業費 167
1) 平成12年度秋期の渇水期に観察された現象と平成6年渇水時との相違
2) アユの産卵に及ぼす影響
3) 渇水がニゴロブナの成長に及ぼした影響
4) 異常渇水よよび湖水低下によるセタシジミの生理的活力への影響
5) 夏期の渇水後のセタシジミ資源の概況調査
 
資料編
1. 琵琶湖沿岸帯の水生生物環境調査データ(平成12年度) 177197
2. コアユ資源予測調査データ(平成12年度) 197
3. 琵琶湖定点定期観測データ(平成12年度) 206
 
醒井養鱒分場
1. 沿革 239
2. 機構および事務分担 240
3. 職員の配置と氏名 240
4. 予算および主要課題 241
5. 施設 242
6. 入場者動行 244
7. 養鱒事業 244
8. 普及事業 245
9. 研修事業 245
10. 調査指導費 246
1) 渓流釣りアンケート
2) 秋期に成魚放流したアマゴの食性と釣獲状況
3) 遺伝的不活性化精子の大量処理のための雄の最適条件
4) アマゴ第一卵割阻止型雌性発生魚およびその性転換雄の成熟特性
5) ニジマス第一卵割阻止型雌性発生魚の性転換雄の成熟特性
6) アマゴ第一卵割阻止型雌性発生魚とその性転換雄の交配成績
7) 紫外線による雄性発生誘導技術の開発
8) ビワマス種苗生産時の初期減耗原因解明試験
 
資料編
1. 養鱒分場入場者調 262
2. 財産売払収入調 263
3. 養殖業者に販売したニジマスバイテク魚 264
4. 河川放流事業 264
5. 養鱒事業 266
6. 研修事業 271
7. 平成12年度降水量記録 272