×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バス・ギル モニタリングプロジェクト(仮題)


| TOP | §1.はじめに | §2.目的 | §3.仕組み | §4.問題点 | §5.システム的な話 | §6.TAC | §7.共存可能とは? | §8.記録する項目とその意味 | 琵琶湖の湖岸を歩く | 滋賀県水産試験場文書 | 雑記 | リンク | 別館 |



§2.目的


1.モニタリングプロジェクトの目的

 釣り人の協力によって、釣れた魚のデータを記録し、それをインターネット経由で、データベース化する。蓄積されたデータは、誰もが、インターネット上で検索、参照できるようにする。しかも、リアルタイムで。ちょうど、釣果情報のサイトが行っていることを、学術的に有効なレベルまで高めようというわけです。遺跡の調査などは、アルバイトの方が手伝っておられますよね。あれが、この発想の元ネタです。

 この計画の目的は、“§1.はじめに”で、述べたように、ブラックバスやブルーギルを、利用するにしろ、駆除するにしろ、それらがうまくいっているのかどうかを、監視することです。リリース禁止などが、有効な駆除方法であるのかどうかを判断する、指標の一つを提供できるかもしれません。

 予期された方法、あるいは予期されない方法での拡散。駆除が実施されているにもかかわらず、その生息数が増加している、あるいは減少しない。これらのような事態を、一般の釣り人の協力を得て監視する。それによって、釣り人自身の、移入種に対する意識も高める。これも目的です。ちょっと面倒くさい(だいぶ面倒くさい)ですが、これも、自然に親しむ形の一つではないかと思うのです。

 漁獲高の統計では、リアルタイムではありません。研究者の方々による調査でも、費用などの面で、広範囲で、しかも継続的なデータの取得は困難です。


2.このサイト自身の目的

 このサイトの位置付けは、準備サイトの準備サイトです。いきなり実行は無理ですから。
 わたし自身が、このプロジェクトを立ち上げるにしろ、他の方がするにしろ、まず必要な情報を集め、議論できる下地を作る。これが、このサイトの目的です。このサイトに寄せられた情報、ご意見、ご感想などは、それを寄せられた方の了解を得ることができれば、ここで公開いたします。掲示板なども、経過を見て設置したいと考えています。


by x794_maesure 2003/02/08



| TOP | §1.はじめに | §2.目的 | §3.仕組み | §4.問題点 | §5.システム的な話 | §6.TAC | §7.共存可能とは? | §8.記録する項目とその意味 | 琵琶湖の湖岸を歩く | 滋賀県水産試験場文書 | 雑記 | リンク | 別館 |