×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

遊漁施策とは何か

3−(1).費用負担

図−3−(1)

 費用負担の方法としては、遊漁用品などへの課税による徴収が公平で効率的です。我が国でも1960年代までは、釣具などに最高30%の物品税が課税されていました。他の分野では、道路特定財源などが現在も運用されています。

2006年11月30日 辻井 豊
目次へ戻る