×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「書籍紹介」
目次へ戻る
外来魚問題他の資料集の目次に戻る


「今日の本棚」


1.「藍い宇宙―琵琶湖水系をめぐる」 今森光彦 2004年4月20日初版発行 世界文化社
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/hb/sendai/wshosea.cgi?W-NIPS=9978169032

2.「湖辺―命の水系」 今森光彦 2004年4月1日初版第1刷発行 世界文化社
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4418049118.html


 1は、写真とエッセイ、2は、写真集です。ちょっと前に話題になったNHKスペシャルの書籍版です(というより、今森氏の連載が切っ掛けになった)。番組ではブラックバスには触れていませんでしたが、1では触れられています。それほど過激な表現ではありませんが、バス釣りをしない人で、1を読んだ人は、バスを好きにはならないでしょう。この手の本、あまり売れることはないですが、さて、どうなりますか。 番組の取材地なども1を読めばわかります。平積みしてある書店もあるようなので、機会がありましたら、一度手にとってみて下さい。写真集の方は、値段が高いし、大判なので立ち読みは辛いです。


 話は変わって、本日、以下の書籍を何気なく読んでおりました。

「93’養殖業界名鑑」 水産庁監修 平成5年11月15日発行 緑書房
http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/shsproc?id=BN0616390X

 で、「選別機・加工機・種苗・その他」の取扱業者のページを見ていたのです。そしたら、ブラックバス稚魚の取扱業者が掲載されていました。種苗業者が、ブラックバス稚魚を取り扱うことは法律違反でもなんでもありません。ただ、あまりにも簡単に見つかったので、ちょっと吃驚しました。もっとも、他のことを調べていたのですが。さて、このブラックバス稚魚、どこから来てどこへ行ったのか。河口湖ですかね?


外来魚問題他の資料集の目次に戻る
目次へ戻る