×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「農林水産試験研究年報 に見られる外来魚関係の記録」
目次へ戻る
外来魚問題他の資料集の目次に戻る


「農林水産試験研究年報 水産編 その1」

「農林水産試験研究年報 水産編」とは、各年度にける水産関係の国公立研究機関が行った試験・研究をまとめたものです。水産試験場等の事業報告書の各項目の見出しに、簡単な解説がついたものを集めたようになっています。今回は、この年報の昭和42年度、46年度、48年度、50年度、56年度を調べてきました。年度がとんでいるのは年報が蔵書されていなかったためです。また、昭和41年度以前のものも蔵書されていませんでした。閲覧した場所は、大阪府立中央図書館です。

 この年代には、各地で移入魚の試験・研究が頻繁に行われています。ソウギョやレンギョのようなポピュラーなものだけでなく、ペへレイ、ティラピア、アメリカナマズやあまり馴染みの無い魚も多く研究されています。もちろん、ブルーギルやオオクチバスも研究されています。ペへレイと聞くと、神奈川県が思い浮かびますが、その他の件でも研究されています。他の魚も、1県だけでなく複数の県で研究されている例が多く見られます。それらの中で、ブルーギル、オオクチバスに関するものをピックアップしてみました。

(新:新規の研究,継:継続している研究,完:完了した研究,続く数字は研究された年度(昭和))


「昭和42年度」

1.淡水区水産研究所
1).一碧湖の水産開発に関する研究(継,40〜42)
 湖周が裸地で単純な湖盆形態と底質を有し、ほとんど沿岸の水中植物帯を見ない。ここにブルーギルを放流し、施肥を行って貧栄養の状態から富栄養の状態へと移行させ魚類等の状態を研究する。フナ、モロコと時間的、空間的にすみわけを行って外見上は競争がない。しかし、当年度は貧栄養の状態が先行しているため、今後どう変化するかはわからない。
2).ブルーギルの育成に関する研究(継,36〜42)

2.滋賀県水産試験場
1)増養殖の中の1項目(継,39〜)
 増養殖魚種としてブルーギルを移植し、生態を明らかにしつつ飼育試験を継続中である。また台湾産を移植し飼育試験中である(注1)。

3.大阪府水産試験場
1).ブルーギル養殖試験(継,39〜)
 米原産ブルーギルを高級活魚として普及させるため〜


「昭和46年度」

1.淡水区水産研究所
1).一碧湖における魚類の生態学的研究(完,44〜45)
 ブルーギルの放流とその効果を試験し、湖中に施肥を行って変化を見る。
2).佐鳴湖におけるブルーギルの自然繁殖(完,44〜45)
 同上

2.滋賀県水産試験場
1).増養殖の中の1項目 増殖用魚種の移植に関する研究(継,38〜47)
 増養殖用或いはゲームフィッシュとして効果的な新魚種を移植し、その増養殖技術の確立をはかる(注2)。

3.大阪府淡水魚試験場
1).増養殖の中の1項目 ブルーギル養成試験
 早期産卵と種苗大量生産の研究。

4.宮崎県水産試験場
1).増養殖の中の1項目 新魚種増殖試験(継,43〜)
 ブルーギル、ドジョウ、タニシ〜


(注1).どこに移植したかは年報では不明。
(注2).魚種は年報では不明。




「農林水産試験研究年報 水産編 その2」


「昭和48年度」

1.神奈川県淡水魚増殖試験場
1).増養殖の中の1項目 新魚種増殖試験(新,48)
 芦ノ湖、相模湖、津久井湖で増殖効果の出ているブラックバスの増肉係数、成長等を明らかにする。

2.大阪府淡水魚試験場
1).増養殖の中の1項目 ブルーギル養成試験(継,39〜)

3.宮崎県水産試験場
1).増養殖の中の1項目 新魚種増殖試験
 ブルーギル、ドジョウ、タニシ〜


「昭和50年度」

1.栃木県水産試験場
1).漁場開発に関する研究の中の1項目 溜池利用開発試験(継,49〜)
 温水性未利用溜池(1ha以上)の事前調査及び新魚種(ブラックバス、ブルーギル)による漁場開発の予備調査を実施する(注3)。

2.大阪府淡水魚試験場
1).各種魚種養成試験の中の1項目 ブルーギル養成試験(継,39〜)

3.和歌山県内水面漁業センター
1).ブルーギル養殖に関する試験研究(新,50〜)
 単一養殖魚としては不適切なため、他魚種との混養について検討する。


「昭和56年度」

1.栃木県水産試験場
1).増養殖の中の1項目 オオクチバス生態調査研究(継,54〜56)

2.神奈川県淡水魚増殖試験場
1).ブラックバスの魚食性に関する研究(完,54〜55)
2).河川におけるブラックバスの生態学的研究(新,56〜59)

3.山梨県魚苗センター
1).資源の中の1項目 オオクチバスの資源生態学的研究(完,53〜55)(継,56)(完,54〜55)


(注3).実際に、ブラックバス、ブルーギルを溜池の放流したかは年報では不明。


この他にも同時期、千葉県や富山県でもオオクチバスの研究がなされている。


外来魚問題他の資料集の目次に戻る
目次へ戻る